カーセックスも普通のセックスも楽しむ絶倫な私

カーセックスも普通のセックスも楽しむ絶倫な私

自分で言うのもなんですが、私は絶倫な男です。具体的な例を言えば、『外でカーセックスをしたあとに自宅でも朝までセックスする』というくらい、セックスが大好きでした。今は恋人ではなくセフレしかいませんが、セックスさえできるならあまり関係は気になりません。

セフレもかなりセックスが好きな女性で、掲示板で交渉していたときも「私を満足させてくれるの?」と懐疑的でした。私はもちろん自信に満ちあふれていたので、まずはドライブに誘ったのですね。

もちろんこのドライブもカーセックスをするためでして、セックス好きながらもカーセックスは未経験だったセフレは、私の誘いにちょっと戸惑っていました。セックス好きなわりに、こう言う反応はちょっと可愛いですね。

相手は初めてのカーセックスに戸惑いつつも、一度入れると結構夢中になり、騎乗位で二回出しました。相手も一回いったみたいで、「また会うときは楽しませてね」と、これで終わりだと思っていたみたいですが…。

私が直後にラブホテルに誘うと、やっぱりびっくりしていました。そしてラブホテルでもまだビンビンのペニスを見せると「もう好きにして…」という感じで、一晩中楽しみました。おかげで相手は私を気に入り、毎週おねだりされています。

ネタに思っていたチャットHが予想以上に抜けた件

ネット上で『チャットH』なんてものを見かけると、「そんなので抜けるわけないだろ…」と思いますよね?私もずっとそう考えていて、チャットHなんてするつもりもなかったのですが…いろいろありまして、これを経験してしまったのです。

それは、とある出会い系を使っていたときでした。ここで知り合ったルミ(仮名)という女性が「ねえねえ、チャットHって興味ある?」と聞いてきたのですが…当初は興味がなかったのでスルーしようかと思ったら、「付き合ってくれたらアドレス交換してあげるよ」と言われ、つい釣られました。

アドレス交換をしてもらった見返りとして、チャットHを開始したのですが…ルミはまるで官能小説家みたいな表現の豊富さで、私の頭の中にイメージを膨らませるのです。気付けば私もつたないながらに相手をするようになっていて、必死に自分のイチモツをしごいていました。

ルミがいくタイミングで私も射精し、このときはびっくりするような量が出せました。かなりいいおかずでも使わない限り出せない量でして、ここまで興奮したのはどれくらいぶりでしょうか…それこそ、生のセックスにも劣らない充実感です。

それにチャットHはマイペースに楽しめるため、本番のような焦りもありません。今日もルミとは約束がありまして、チャットしつつエッチなことを楽しみます。

カーセックスも普通のセックスも楽しむ絶倫な私 へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ